金縛りとの私の付き合い方

さて、2月に入り、寒い季節が続きます。
私の場合、まだまだ、通勤時等で、外を歩く際に、寒さ対策が必要です。

私は、疲れてくると、眠っている間に、金縛り、別の言い方で、睡眠麻痺に、長年悩まされてきました。
縛りとは、寝ているときに、意識があるにも関わらず、体が思うように動かなくなる病気です。
時には、誰かが乗っているのではないかと思うくらいの重みを感じます。
心霊現象と不安に思われる方も多いと思いですが、医学的な見地からは、睡眠障害の一種で、心霊現象ではないとされています。
金縛りの原因はいくつか考えられますが、1つ目に、睡眠不足が挙げられます

例えば、夜勤の仕事をした結果、睡眠時間が取れないことや、長時間労働で睡眠時間が確保できないことが原因に挙げられます。
また、精神的な疲労も挙げられます。その他、過度に興奮しすぎた状態の時も、金縛りになりやすいです。
私の金縛りの対策は、睡眠時間を十分に確保することが挙げられます。
寝ている間、金縛りにあうこともあるが、不安に思わずに、日中眠くならないようにという思いで、対処しています。

 

コメントは受け付けていません。